社員紹介

設計事業部 望月 宏洋

Q1 経歴

1991年静岡県生まれ。2014年工学部建築学科卒業。同年、類設計室入社。学生時代は環境系研究室に所属し、入社後6年間は設備設計を担い、7年目で営業部に配転。営業では組織を牽引するプロジェクトを生み出している。

 

Q2 営業の仕事って何?

「類設計室の営業はどんな仕事をしているのですか?」
人材採用の仕事をしていると学生からよく聞かれます。「営業」と聞くと、「仕事を取ってくる」と思う人も多いでしょう。もちろん間違いではありませんが、類設計室の営業はそれだけではありません。

お客様の想いに誰よりも深く同化して、単なる建設でなく、共に相手組織の未来まで一緒に考えます。そんな相手の期待に応えるため、社内の仲間が楽しく追求し、最大限の力が発揮できるようにします。その上で重要なのが、相手の想いや歴史、地域の産業・政治に至るまで深く構造化し、我々の成すべき「志」を鮮明にすることです。あるお客様からは、「類設計室は建物をつくるだけではない。プロジェクトを通じて組織づくりも一緒に考えたい企業が選んでいるのですね!」という嬉しい言葉を頂きました。

お客様よりお客様を知り、組織づくり、人づくりを一緒に考える。営業は、それらたくさんの「つくる」を実践・牽引する仕事です。そして、全ての「つくる」は、ワクワク感に繋がっています。

 

Q3 応募者へのメッセージ

「つくる」仕事は本当に楽しいですが、そこに至るためには「自らつくる側に立つ」意識が重要になってきます。
学生の時期は、「与えられる」ことがほとんどでしょう。しかし、与えられる意識を持っているうちは、本当の意味で相手の期待には応えられません。少しでも早く、「与えられる側」から「つくる側」になること。思い切って、学校の外=社会に飛び出して、仲間を、追求の場を、自らつくる経験を積むこと。それが学生の今、やるべきことだと思います。

これから社会に出るみなさん、つくる側に立って、我々と一緒にワクワクした仕事をしてみませんか?

TOP