社員紹介

教育事業部 磯野 裕一

Q1. 経歴
1997年大阪府生まれ。2019年に類塾の教育コンサルタントとして入社、生徒や保護者に真摯に向き合い、みんなから信頼される存在。現在は谷町教室の教室長を務めている。

 

Q2. 仕事のやりがい、気付きや転機

遊び~学びまでの一貫コース(年中~低学年クラス)は、仲間と一緒に遊びを通じて学び、楽しんで追求し、大人も子どもも活力を向上し合える、そんな場です。

ある小学校2年生の男の子は、出会った始めのころは自己中心的で、場の前進などお構いなしに好き放題発言する、まさしく “自分の世界で生きている=周りが見えていない” といった状態でした。そこで、授業内で「みんなのために今なにができる?」という声かけと、みんなのために動けた瞬間、すぐにその行動を評価するようにしました。すると周りの生徒からも「ありがとう」が返ってくるようになり、周りともおしゃべりをするようになって、その男の子はどんどん変わってゆきました。今は忘れ物をした子がいればすぐに気付き、率先して貸してあげるようになり、「今は先生の話聞く時間やで~!」などクラスの一体感を高めるためにはどうする?を追求し、声かけをしてくれるまでに成長しました。

その子に自分の中で何が変わったのかを聞いてみると、成長の鍵は「みんなとの遊びにある」と教えてくれました。類塾で遊びながら学ぶ中で、「もっとみんなと楽しく遊びたい」という想いが芽生え、そのために「みんなが今何をしているかを考えるようになった」と言ってくれたのです。

このとき私は、「人は人と関わり合うことで初めて成長する」と感じました。仲間となり一緒に追求心を育みあえる。そこが類塾で学ぶ最大の楽しさであり、強みであると感じています。常に周りの人を注視し、相手のために行動を起こし続けることが一番の成長に繋がる。それは大人だけでなく子どもも同じです。

類塾の生徒たちの変化を、これからもたくさん発見していきたいです!

TOP