大学生が2日もかけてこの程度。探求生なら3時間で超えられる!

2021.1.22

学校に可能性を感じず、類学舎に入学👍その後、類グループに入社して10ヶ月を迎えました。

そんな私が、先日、2daysインターンシップの事業立案のフィードバック担当として参加させてもらいました。

しかし、そこでの参加大学生の実態に、愕然としてしまったのです。。。

 

イベントでの事業立案は、学校に代わる新しい学び舎 『類学舎』に関するものだったのですが、大学生から類学舎生の魅力・今後の可能性についての提示(展望)が一つもありませんでした。

パンフに載っている情報+自分たちの憶測でしか判断しておらず、まさに与えられた中でしか考えられない典型的な事象でした。

知らないのならば「会う事はできますか?」や社員の誰かに「どんな子たちですか?」など聞けたはず!こんなことは、小学生でも分かることなのに、彼らは全く行動すら起こしていなかったのです。

 

類学舎についての企画なのに、その企画を作っている人達が、類学舎生の凄さ魅力を(大学生<類学舎生だという事を)感じていない=実感では1mmも思っていない><

不整合を感じまくりの状態で発表している。。。

 

そんな大学生たちの姿を見て、「思ってもいない事を容易に言えてしまう事・疑問を抱けないようになった人ってこういうことなんだ」「学校教育は終わっている」と肌身で感じることになりました。

私自身も類塾の『探求科』の授業を受け持っているのですが、そこで日々追求している数多くの小中学生を見ていると、大学生たちが2日(10時間)かけたこの程度のレベルであれば、探求科の授業2回分(3時間)で、あれ以上のものは作れる!と断言できます。

 

 

決められたことに従うだけの順応回路では、対象の期待も捉えられないし、実現可能性も捉えられない!

自分の頭で考え、何で?どうする?と追求していけない人材は、これからの社会(大転換の時代)では生きていけない!と心底実感しました

 

********************

 

コロナをきっかけに、世界は大転換期を向かえています。これまでの常識や価値観では生きていけません。

実際、自分自身はどうですか?どうなりたいですか?

 

学校でやってきた思考法や知識を捨てて本気で変わりたい!社会で生き抜く力を身につけたい!という方は、是非、類グループのインターンシップにぜひ来てください😊👍

申込リンク