年齢や専門の枠を超えた本気の追求!!みんなの生き生きした表情が止まらない♪

2020.9.7

「あらゆる状況でも対応できる身体づくりって…免疫力がキーワード?」

「”免疫力”と”腸内細菌”密接に関係している!」

「腸内細菌には土壌菌と関係しているみたい…実は土に触れるってすごく大事なんじゃない?」

 

これはお医者さんあるいは専門家の人たちの会話?

…いいえ、実は建物を設計している類設計室の社員たちの会話です。

 

それってどういうことなの?…少し覗いてみましょう!

 

■設計室なのに腸内細菌の追求?!

 

類グループでは週に1回、年齢や専門領域の枠を超えたメンバーで追求する”サロン”を全社員で行っています。”建築設計”という専門領域の枠を超え、社会や生物・人々の意識などあらゆる分野についてみんなで追求しているのです。

 

なぜなら私達は建築を立てる事が目的ではなく、みんなが活き活きと生きる社会を実現したいから!

 

そのために、あらゆる角度から”みんなが活き活きと生きる社会を実現するためにどうする?”を

社員みんなで追求をする、その場のひとつがこのサロン”です。

 

そして今、私たちのグループでは腸内細菌について追求しています。

きっかけは世界中を翻弄させている”コロナウイルス”って一体何者なの?毎日のようにマスコミで報道しているけど結局なにが正しいの?という素朴な疑問からスタート。

 

ウイルスや菌、そして微生物と追求を重ねていくうちに、

「人間と微生物が共生する環境をつくりたい」

という新しい可能性を見出そうとしています!

 

実際みんながどうやって追求しているのか、紹介していきます♪

 

年齢や専門領域の枠を超えた本気の追求!!みんなの生き生きした表情が止まらない♪

 

グループのメンバー構成は企画室のキャップや設備房のベテラン、計画房の中堅、そして1,2年目のスタッフと年齢も所属部署も様々。もちろん「ウイルス」や「腸内細菌」に関してはド素人。

みんな同じスタート地点から追求が始まり、毎週追求を塗り重ねていきます。

 

例えばこんな感じで…

「そもそもウイルスにかかって病気になるってどういうこと?」

「免疫の過剰反応による症状みたい、じゃあ病気に負けないためには免疫をしっかりつけること?」

「免疫を付けるためには細菌がたくさん集まっている”腸内環境の活性化”がカギみたい」

「腸内環境のようにたくさんの細菌たちが共生してる環境、そこが本質なのかも?」

あらゆる手段で情報を集め、グループみんなで「こういうこと?」「これはどうかな?」と仮説を出し合い、追求合戦

年齢も所属も関係なく意見を出し合っているので、ワイワイと盛り上がっています。

 

そしてグループでの追求成果は1ヵ月に1回ほど、社内に向けてプレゼンします。

みんなで追求した成果を話すときはみんな活き活き、堂々とした姿で、

グループ外のメンバーからの質問やコメントもどんどん出てくる出てくる!

 

 

(やっぱみんな追求が好きなんだなぁ…

 

プレゼンの最後はグループ外のメンバー付箋で塗り重ね、たくさんの「お手紙」からさらなる追求ポイントと可能性を探っていきます。自分たちの追求で終わらせない、そして未知追求はまだまだ続く、仮説を重ねてより本質へ近づいて可能性を探っていきます!

 

「そんなの当たり前」って思っていること、それって本当に「当たり前」?

 

小さい頃から見ていたニュースや学校の教科書、みんながそう言っているから…

そう思って受け取った情報は正しいのが当たり前と思ってしまいがち。

「当たり前」と言って決まった答えの通りに生きる…そんなの……楽しくない!!

 

類グループのサロンでは情報を鵜呑みにせず、あらゆるテーマを根本から徹底追求、

「なんでなんで?」と子供みたいに追求する仲間が集まるからどんどん追求が止まらない!

 

答えのあることよりも、答えのないことを追求する方がよっぽど面白い!そして未知追求に終わりはない、だからこそ”楽しい”!

 

次回はこうしたサロンの追求を活かしてみんなで腸内細菌を活性化するご飯をつくりましたので少しご紹介します!

お楽しみに♪