就活生へのアドバイス~仕事でやりたいことなんてなくてもいい!~

2020.9.3

こんにちは!類グループ21卒内定者の太田です。

今は募集室でアルバイトをしています!

今回は、私の就活についてお話していきたいと思います✨

 

私の大学生時代は“the普通の大学生”という感じで、留学に行ったりボランティア活動をしたりと、人に自慢できることはやっていません。

就活を始めたきっかけも、大学3回生になって学校で説明会が始まり、周りの流れに乗った感じでした。

その中でまず「私のやりたいことってなんだろう?」ということに悩みました。

「やりたいことが見つからない」「やりたいことを仕事にできない」など多くの人が悩むところだと思います。

私も初めは自己分析をすればするほど“やりたいことを見つけなければいけない病”にかかってしまい、悩める子羊状態でした…(笑)

 

正直、今も【やりたいこと】はないです。

ただそれは無気力、やる気がないという話ではなくて「今」で生きているからです。

 

なんとなく社会の風潮的に【やりたいこと=特別なこと】という意識がありませんか?

こういった職業につきたい!世界一周をしたい!とかすごく特別なことが【やりたいこと】じゃないといけないのは、すごく不思議に感じます。

実際、ある企業の面接でも”あなたのやりたいことはなんですか?”と聞かれ、答えをあいまいにしていると、面接官の人に嫌な顔をされたことがありました。

 

でも、毎日楽しく働いて、家族や友達と出かけたり、それでいいんじゃない?と思います。

例えば、友達の誕生日をサプライズで祝う時、自分のやりたいことだ!と思ってやるわけではなく、サプライズしたらどんな反応をしてくれるだろう?とワクワクした気持ちがうまれて、こっちまで楽しくなったりします。

アルバイトで苦手な仕事を任された時、お客さんが喜んでくれたり、他のバイトの子の負担を減らせることができると思えば、自然と頑張ろうと思えます。

 

みなさんに伝えたいのは、“これって別にやりたい・やりたくないって関係なくない?”ということ!

日々「これは私のやりたいことだ!」と思って生きている人は少ないと思います。

それよりも、どうしたら喜んでくれるかな?と相手のことを想う機会の方が多い。

なのに就活になると必死に【やりたいこと】を探そうとします。

 

そんなこと考えなくても、社会ではたくさんやるべきことが転がっています。

それをみんなで一緒に考えて変えていくほうが絶対楽しいし、飽きないと思います。

 

そして、類グループでは“誰とどんな思いで活力をもって働けるか” “いかに相手発の思考になって動けるか”を大事にしていて、「これだ!」と思いました。

みんなの期待に応えて、それによって喜ぶ姿が見れたり、感謝されたりすると自分も嬉しいし、「もっと応えたい!」と活力にもつながります。

 

それをもっと大きく考えてみると、世の中は見れば見るほど必要なことがたくさんある!

やりたいこと・やりたくないことを軸にして考えると視野が狭くなるし、現実が見えなくなってしまいます。

今相手が求められているものは何か?社会が必要としているものは何か?という現実を見て本質を捉え、みんなで追求していくことが大切なんじゃないかなと思います!

 

*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:・*:.。..。.:+・゚*:.。..。.:+・゚

類グループでは9月から会社説明会・早期選考を始動!

類グループの取り組みや各事業部門の紹介はもちろん、コロナ騒動を経て、

“今後の世界経済どうなる?” “大不況になったらどんな企業が生き残る?” “これからの社会で求められる力は?”など、今後の先読みをしていきます!

 

参加申し込みは類グループ公式LINEより受付中です。

QRコードを読み取るか、下記の申込リンクをクリックして友達追加をお願いします。

初回登録後、メニュー画面より会社説明会やインターンシップ、選考会の予約ができます🎈

みなさんのご参加をお待ちしています😊📌

 

申込リンク