2020年4月、JAPAN FOOD ISLANDS計画が始動!!

2020.5.11

=============================================

日本列島を本州から離島までをくまなく見渡して、

みんなの力で、安全安心で、おいしくて、

新しくて、健康的な「食」を生み出す環境を創っていく。

「離島振興」と「地方創生」をめざし、日本を豊かな「食列島」にする。

私たちは、JAPAN FOOD ISLANDSです。

一般社団法人 離島振興地方創生協会

=============================================

これは、類設計室が参画する一般社団法人「離島振興地方創生協会」の想いです。

今年の4月13日。満を持して、正式に協会が発足しました。

類設計室も協会の志に共感し、本協会の設立時社員の4社のうちの1社となり、協働者として参画することになりました。

 

ぜ、類設計室が「離島振興」「地方創生」「食」にまつわる協会に参画したのか?

 

それは、代表の千野和利氏との深いつながりがあったからです。

千野和利氏(阪急オアシス前代表取締役会長兼社長)とは、設計業務を通じ、15年来の長いおつきあいがあります。

その千野氏が阪急オアシス時代から親交のあった長崎県知事からの依頼をきっかけに、離島の産業と日本の食を再生するプロジェクトを立ち上げました。

 

実際に千野さんとともに現地に足を運ぶと、島ならではの豊かな自然の力と、文化を受け継ぐ熱い想いをもった生産者さんたちに触れ、島の人口流出、高齢化など厳しい課題は多数ありますが、共に力になっていきたい!と火がつきました。

協会の活動は、離島と都市の間に製造・配送・販売のバリューチェーンを構築し、食産業の担い手を育成すること。

具体的には、離島の生産者を直接訪問し、生産者と企業をつないで、販路をひろげていく活動です。

立ち上げたばかりですが、10~20の魅力溢れるプロジェクトがすでに動き出しているんです!!

気になる離島プロジェクト。
来週はその一部をご紹介します☆

『食から未来をつくりだす』協会のHPはこちら!!