私が類グループに入社を決めたのは!~内定者の本音なところ~

2020.3.4

みなさん、こんにちは!
今日は類グループの内定者が、入社を決めたエピソードをどーんとご紹介します✨

(内定者でRuiポーズ!)

 

📌Sさん(21卒女子内定者)

私の入社の決め手は、あれこれ頭で考えたのではなく「ここで働きたい!」とワクワクしている心に従ったことでした(^^)!

 

類グループに出会って、これまで自分が日常生活や社会に触れる中で、なんとなく「大切にしたいな」とか「なんか変だな」と感じてたことが言語化され、みんなで追求されていることに驚きました。

 

そして、類グループに来て一緒に追求する度、「そうそう!私は、これを求めてたんだ♪」とか「なるほど、そういう社会の構造だからうまくいってなかったのか!?」と毎回気づきがあって、ワクワクがとまりませんでした…!

 

私もこれから一緒に本質を追求して、みんなのワクワクをつくる側になっていきます(^^)

 

📌Nくん(21卒男子内定者)

小さい頃から選択肢が拡がるようにと塾に通い、親が大企業に行って欲しいという気持ちも伝わっていました。でも親がいうお金とか豊かな生活が第一ではなくて、「周りの期待に応えて可能性を解放し、周りの笑顔を生み出していく」自らの志の実現へと向かっていきたかった!!

 

だから親には論理も何も無く、只々泣きながらその思いをぶつけました。終始真面目に聞いてくれて、最後は親も一緒に泣き出して「やり遂げろ!」と送り出してくれました!嬉しかったです😊✨

 

入社を決めたのは、類がお金ではなく、人を何よりも大切にし、現実を直視して社会の期待に応え続けていけるところです!自らの志と重なり合い、最高の仲間と一緒に実現へと向かっていきたいと思います!!

 

 

📌Mくん(20卒男子内定者)

学校への不整合を初めて感じたのが就職活動でした。類のインターンシップで自分が学校に行くことに何の意味があるのか?を真剣に考えました。大学3年間での成長は学外活動で、学校では暗記で記憶力がよくなっただけ。これでは社会を生き抜く力は身に付かないと気付きました。

 

大学を辞めて社会に出る選択肢があることも知り、様々な選択肢の中でいち早く社会に出ることに可能性を感じて、最後は心が決めました。この道に進んでいこうと!

 

類に入社を決めたのはインターンシップで仲間と何段階もの成長を感じることが出来たし、考え方が本当に真っ当だと感じたから。様々な世代が集団で一体となって生きていて、現実課題に妥協せずに追求していける実現体だったこと。

 

妥協では社会で生き抜いていけないし、徹底的に事実を追求していく思考を自ら体現していきたいです💪

 

内定者たちのエピソードはいかがでしたでしょうか?

 

西欧観念に代わって、歴史に遡った事実追求による新認識があるからこそ、潜在思念が感じた可能性が鮮明になっていきます!学歴→お金や豊かな生活といった親の状況認識ではもう可能性を感じていません。

 

それよりも周りの期待(外圧)に応えて、喜ぶ姿を見れたときの嬉しさや達成感は、今まで生きてきた中で最高のやりがいとなっています!だからこそ外圧から遮断された学校ではなく、一刻も早く社会に出て現実圧力の中で働くことが可能性なのです✨✨✨

 

類グループは、「自分たちの生きる場は、自分たちの手で創る」という志のもとに創立された共同体企業です!!

 

全人格をかけて、仲間やお客さまや社会とどう向き合うかが、いつも問われます!飽きることのない刺激と、悲鳴を上げるほどの使命をどこよりも与えてくれる、社員が生き生きとした会社です😊✨

 

****

21卒採用選考はまだまだ続いております!

採用選考のお申込み及び詳細情報はこちら→ リンク

インターンシップや採用選考へのお申し込み及び詳細情報は下記のLINE@にて!

スマホから下記申し込みリンクをクリック、もしくはQRコードを読み取って、友達追加をお願いします!友達追加後、登録フォームに登録すると、メニュー画面よりインターンシップ情報が取得できます! 申し込みリンク