「学校の勉強と全然違う!」勉強嫌いの中学生こそ『類塾』へ!

2020.3.2

コロナ休校で子どもたちの居場所がなくなる中、類塾は通常通り学舎を開放しています。
(もちろん休講を希望される方には料金含め対応させていただきます)

なぜなら、そんな状況でも類塾生たちは、「類塾に行ってみんなで学びたい!」と口をそろえて言うから。
勉強を強制される学校や塾だと、そんな声は絶対に出てきません。

なぜ、そんなに類塾が楽しいのか。なぜ、類塾生たちはそんなに意欲があるのか。
今日はその理由をお教えします☆

**********************

Q.中学生になるお子様がいらっしゃる皆様、お子様は元気をなくしていませんか?

 

「昔はもっとやる気があったのに…!」

と、どんどんわが子の可能性が感じられなくなり、言われないとやらない、強制されないとしないと思い込んで、より強制力の強いところに連れて行く。そのような状況になっていませんか?

 

元々やる気のない子など一人もいませんでした。知りたい!やりたい!みんなと同じようになりたい!と意欲満々でした。

その意欲をなくさせたのは、将来役に立たない・意味のない勉強です。そして、周りも成績だけで子供を評価してしまう。やりたくもないことを強制され、数字だけで判断されることに、子供たちはすっかりやる気を失くしてしまいます。

 

お子様に本当に期待していることは何ですか?

 

決して、「成績が良い」ではなかったはずです。友達がいっぱいいて、仲間と一緒になって行動(遊びでも、スポーツでも)ができる子、それが、大人になって社会に役立つ子、そういう子になって欲しいと思っていませんでしたか?

 

今の子供たちの活力の源、それは「仲間」です。それも、昔のライバルではなく、課題を共有することで繋がる仲間です。

だから勉強も、仲間がいることで、刺激も受け、意欲も湧き、追求心も育まれます。

 

今の学校も、既存の詰込み塾も、個別指導の塾も、社会が求めるものが、暗記力から追求力と変化しているのに、昔と同じ構造のやり方を続けています。それでは、子供が潰されてしまうだけです。

 

そこで!類塾では、仲間と一緒に、頭だけでなく、体(五感)も使いながら、意欲と共に成績も上昇させていきます。

言語能力を規定しているのは、聴覚脳です。

仲間と一緒に高速音読をすることで、聴覚が刺激され五感が作動し、相手の口元や表情や身振り手振り、あるいはリズム抑揚など、全てから意味を掴もうとし、みんなとの一体充足も生まれます。

 

集中力は五分間しか続きません。

そこで5分間という短い時間圧力でスピード第一の本能を喚起するとともに、「完璧でなければ」などの誤った非効率の勉強から脱却させます。

 

5分間演習で分からない問題は、改めてグループで追求します。

このグループ追求によって、どの塾でも教えてくれないような教科の本質をみんなで追求したり、自分にはなかったさまざまな切り口、頭の使い方を吸収していきます。

もっと詳しくはこちら

学対特訓では、段取り能力も身につきます!

上記の内発型学習法を、“仲間”と取り組むので、やる気も上昇させられる上に、段取りを立てられる力もつくので、お家での学習もスムーズに、時間がとられがちな提出物も早々に完了させ、本来やるべき課題にしっかりと取り組めることで、みんなで成績上昇を実現していけます。

もっと詳しくはこちら

勉強嫌いになってしまった中学生のお子様こそ、類塾の学習法で主体的な学びから意欲も成績も上昇させていけます!

相談会・説明会 日程一覧