5年目にして関西トップに!

2019.12.13

類宅配は、地域の活力再生に取り組む事業部です。

その一環として、地域の方にお役に立つ企業のチラシを各家庭へ届ける仕事“ポスティング”をしています。この事業を立ち上げてわずか5年目にして、関西のポスティング業界で売上・営業利益ともにトップになりました!

なぜ、類宅配がわずか5年で、関西トップになれたのか?

それは、他社を凌駕する強みを創れたからです。

 

①ポスティングスタッフ”お届けさん”による誠実な配布の実現

昨今の人材不足を受け、ポスティング業界では応募者を即採用、即戦力化されるのが一般的です。しかしこれでは隅々まで配布できる人物か判断できません。

そこで類宅配では、採用面接を応募者全員に対して実施しています。面接では「どのような思いを持って応募されたのか」、「地域や仲間のために働けるか」を見ています。だから、採用された方は、地域の役に立ちたいという思いを持った主婦やシニアの方ばかりなので、お店の反響を出し続けてきました。

 

またチラシの受け渡しは類塾(生徒のいない時間帯)で行い、社員やお届けさん同士のおしゃべりを大歓迎しています。お届けさんがポスティングをして得られた成果を伝える機会にもなるので、「新店が盛り上がっていたね。」「また反響を出せるように頑張ろう!」など、おしゃべり充足で仕事へのモチベーションにつながっています。

これらを事業当初から大事にしてきたことで、お届けさんによるポスティングの反響は良く、結果的に継続した仕事の受注につながりました。今ではお届けさんは、1,000名在籍するまでに拡がり、類宅配の事業を支える土台となっています。

 

②ターゲット層を絞り込んで費用対効果の高い配布を実現

例えば、教育業界だと子どもを持つ家族世帯地域がターゲット層になり、ターゲット層が多く住む町に絞り込んで配布できれば、費用対効果の高い配布成果を得られます。このようなターゲット分析、最適な配布提案はどの企業にも喜ばれるはず。

”成功したのはなぜか?”、”反響が出なかった原因は何か?”を営業部全員で業界ごとに追求しました。この追求で反響を出すための勝ち筋を見つけ出し、それらを武器に去年、今年と業界ごとの営業に奮闘。その結果、多くの仕事を受注することに成功しました。(勝ち筋は、企業秘密です。笑)

来年はさらなる地域の期待に応えるべく類農園の野菜を各家庭へ届ける宅配事業にも挑戦していく予定です。

これからも地域の活力再生に取り組む類宅配にご期待下さい。