性格の悪さは、成長を妨げる!?

2019.3.13

2浪した東大生が語る「落ちたのは、●●が悪かったから」

 

この記事読んで、ドキッ!とした方はいませんか?

勉強や仕事に限らず、あらゆることにおいて性格の悪い人は成長できない!

私と彼の所属する研究室は、プレゼンテーションやグループワークが多いため、周りとのコミュニケーション能力が求められます。中でも彼は、研究室メンバーのなかで、誰よりもプレゼンテーションが下手で、みんなからいつもアドバイスをもらっていました。内気な性格で「もっと堂々と話したい、みんなの意見参考にしたいです。」とは言うものの、一向に改善されず、徐々にみんなと彼の間に溝が生まれていくことになりました…。

 

そしてついに!

今の精神状態では就活をすることが困難だと言って、大学生3年生の3月、休学をすることを選んでしまったのです。。。

彼の性格が悪い所は、就活という盾に隠れて、自分の短所と向き合うことから逃げたことにあります。自分の欠点を認めず、成長するためのアドバイスを実行に移せなかったからだと私は思います。

この話を逆手にとると、”素直さが成長の鍵”と言えそうですよね!

 

振り返ってみれば、子供の頃は上手な人の真似をしてきたと思います。日本語の読み書きや逆上がりなど親や上手な友達の真似して、自然とコツを掴み、できるようになっていませんでしたか?

でも、年を重ねるにつれて育つ環境や経験から、自分のなかに物差しができ、素直に相手の良い所を褒めたり、真似をすることができなくなっているように思います。

 

学校教育のなかで、人の真似をすることは悪いものだと私たちの頭に刷り込まれていて、頑固に自分のやり方で進もうとしてしまう。答えは目の前を走る人が持っているのに…。

そして、その性格の悪さを自分も周りも指摘する勇気はない。これって成長する芽を自らが握りつぶしていることになりませんか!?

 

仕事や勉強に限らず、素直に受け止め実行する人は、周りの人たちも「もっと良くしてあげよう!」「可愛がってあげよう!」と目を掛けてくれるようになるのです。そしてそれが目に見える成果になったとき、自分の成長を実感し、さらに成長のスピードを速めていくと思います。

 

成長する人は、素直さが重要な鍵になるといえるのではないでしょうか☆