次の時代を作っていくのは君たちだ!~社長と若手男子のランチ会~

2022.5.18

システム課3年目の田中です。
先日、社長と若手男性社員とのランチ会が行われました。

この会が行われたきっかけは・・・
私がエレベーターの中で社長と一緒になり、「もっと社長の若いときの話が聞きたい!」という話をしたことから。
「それだったら、みんなでご飯でも食べるか?」と誘ってくださり、若手を集めてのランチ会を開催することが決定しました!

社長から「次の時代を作っていくのは君たちだ!」という大きな期待をもらえ、参加者の活力上昇する場になったランチ会。当日の様子をご紹介します!

 

—————————————————————————————————————————————————————

まずは、「若手から社長へ」はこの質問。

Q.若い頃、どうやって最前線で闘う男たちの中に混じっていったんですか?!

 

 

社長:すごい人の後をついていく邪魔だと思われるぐらい同じ場で雰囲気を感じる

追い抜かしてやろう、勝とうとかするんじゃなくて、純粋に素直に感じた“あの人すごい!”を全部吸収するつもりで動く。

そうすると、いつのまにか相手と同じ土俵で戦えるようになる。君たちもそれくらい、先輩たちに食らいつけ!

_____

社長の言葉から、組織を担う先輩たちと同じ土俵に立て!という期待を感じました。

次は、「社長から若手へ」こんな質問!

 

Q.(4月に全社的に組織改革をしたが)組織改革を受けて、今みんなが考えていることは?

私が、部門を超えた関わりが今まで以上に増えた!今週もシステムの仕事で奈良農場の現場にいったのだから、離れた場所で聞きながらシステムを使っているのと、全然違った。生の外圧からは学ぶことが多かった!

と伝えると、

社長:生の現場を知るのは大事

その一言に、『現場で闘え。最前線で闘う人の思考に同化していけ!社長がしてきたように、もっと戦っている人に食らいつけ!』という期待を感じました!

また、新しい事業部に配属された若手が、「もっと先輩たちから学んで売り上げを上げたい!」と答えたら、

社長:設計事業部は50年、教育事業部も46年、農園事業部も20年以上の歴史があって今がある。

立ち上げたばかりということは、君たちが創設者だ

だからこれから何十年も続けていく事業理念を作っていくんだ!

と熱いメッセージを伝えてくれ、自分たちが作っていくんだと、ワクワクしてきました!

 

その他にも、社長は、類設計室の設立当初の話しも伝えてくださいました。

その話を聞いて、

50年前、自分たちと同じぐらいの歳の時に、現社長たちが仲間たちと、何人もの志を結集してこの類設計室を作った。

そして今度は自分たち次の50年を作っていくんだ!という期待を感じて、胸が熱くなりました!