一年目リレー投稿を紹介します!①~類がもっと好きになった!

2022.5.9

類設計室には今年度も期待の新人たちが入社!(入社式の様子はこちら

彼らは入社早々に各部署の実戦の場に飛び込み、既にさまざまな経験を重ねてきました。

そして入社して一か月がすぎたころ、「社内板」(全社員が閲覧・評価できる社内掲示板)にこんな投稿が!^^

「今日から、塾1年目のリレー投稿を始めます!
研修やご飯で同期と話す中で、今まで外から見ていた時とは違う、中に入ったからこその気づきやすごいところがたくさん出てきます。
これを、1年目のなかだけで留めておくのはもったいない!発信することでみんなの活力に繋がるのでは?と思ったからです。
思っていることをありのまま投稿させていただきますので、未熟なところ、不十分なところを、ビシバシご指摘いただきたいです!」

 

そうして、トップバッターを務めてくれたのは、塾講師に配属された藤井先生!

本日はその投稿をご紹介します♪

 

☆☆☆

類がもっと好きになった!

類塾の生徒のときから、類でずっと過ごしてきました。そのときの類もめちゃくちゃ大好きなのですが、入社して、体制や方針が自分たちの手でどんどん塗り替えられていくのが見えて、もっともっと好きになりました!

 

生徒として通っていた時代から、自分はめっちゃ好きだけど、周りにはその想いがなかなか伝わらないこともありました。しかし、実際に働きだして、会社がどんな方向に向かっているのかがリアルに見えて、「どんな人にも勧めたい!!」と、思えるようになりました。

 

しかも、今まで社員しか見ることができなかった「社内板(全社のあらゆる状況や報告を共有する社内ネット)」の存在が、とても大きく感じます!類塾のカリキュラムに至るまでの追求過程を読み漁り、こんなに追求された中身を実際やらせていただけるというだけで活力が湧いてきます。

管財、開発、システムなど、関わっているたくさんの人の動き、思考を見て、システムや教材など、今まであって当たり前だと思っていた自分の視野の狭さを痛感するとともに、社内板の投稿1つ1つが、いい意味での圧力となって自分に降りかかっていると感じます!

 

入社して1カ月、これからももっともっと壁にぶつかって、少しでも類設計室の力になれるよう、成長していきたいと思います!これからもよろしくお願いいたします!

☆☆☆

 

いかがでしたか?

創立50年を迎えた今年度、類設計室は次代に向けて大改革の渦中。

それに活力もって挑む彼らに、全社員も活力をもらっています!

 

この一年目リレー投稿紹介はまだ続きますよ~☆

 

次回は「類学舎」から入社した尾崎先生の気付きをご紹介します♪
お楽しみに^^