全若者と全上司に知ってほしい!!今の若者の思考は○○脳!!

2022.4.15

みなさん、「仕事」に対してどんなイメージをお持ちですか?

しんどいものだと思いますか?

上司に話しかけるのは怖そうですか…?

与えられた仕事に対して気がおも~~くなっちゃいそうと不安に思ったりしますか?

 

女子会で様々な部署、様々な世代で話しているときに私たちはあることに気が付きました…!

仕事に限らず、何かをするときに必要以上に緊張してしまったり、焦ってしまったりしたことのある方には特に共有したい気づきです!☆彡

後輩から「先輩の失敗談が聞きたい~!」という声がありました。

 

でも、先輩からは「いつも目の前でめちゃめちゃ失敗してるのに何でそれに気づいてないんだろう~?って思うんだよね(笑)」という話に。

「なんでこの違いが発生するんだろう?」とみんなで考えていた時に、後輩は“先輩の失敗を見てないんじゃないか?”という仮説がたちました。

というのも、先輩は、失敗を失敗っていちいち凹んだりしてない。「あ、ダメだったから次はこうするか。」と次どうする?の追求に入っている!だから失敗に見えない!

でも、私たち後輩は一回の指摘や失敗でまるで入試に落ちたかのように凹んでしまっていたんです!(笑)

 

私たちって日々入試脳で生きてるんだ!!

例えば、先輩に途中の経過報告に行くにも本番ではなくとも、模試のような心持ちで行くので、指摘に凹んで「終わった…」というような気分になってしまう…!!

先輩からは、「いや、始まりやから!!!!(笑)」と鋭いツッコみがありました。(笑)

 

仕事なんて一発で合格がもらえるワケがありません!

上司とのすり合わせは「×」を貰いに行くためにするもの。それにも関わらず、×を付けられると、そこで凹んでしまい、先輩は「もっといいものを作るために」と思って言っていても、後輩は「できなかった。できてないって思われた。」と感じてしまっていたら、同じ方向を向いて仕事ができません!

そもそも、“落ち込む”ということは「一発合格がもらえる可能性があるって思ってる!?」という話に。なんておこがましいんだ!(笑)

特に若手は、仕事で一発合格があるワケないのですから、×なところをどんどん探しに行くくらいのつもりでいこう!そもそも、入試に置き換えても変ではないか!という話になりました。

 

また、以前Cちゃんが「彼氏の前で私何もできないんです…!」とすべてが受け身になってしまうことを相談してくれたこととも繋がりました…!

名前を呼ぶだけでも、「明日は絶対に名前を呼ぶぞー!」と意気込んで、デート前日の夜にシミュレーションの日々…!ここで繋がったのが、「彼女採用試験って思ってるんじゃない!?」ということ!

仕事に限らず、人間関係も入試脳になってしまっています…!

 

採用試験に合格し、入社しているにも関わらず自ら不要な試験を生み出してしまっていたり、彼女にすでになっているにも関わらず彼女採用試験を常に受けていたりするなんて、苦しくなってしまいますよね。

 

そして、さらに問題なのが、模試や小テスト(=先輩とのすり合わせ)を沢山重ねてしまうが故、本番(=お客さん)の前では変に開き直ってしまう傾向にあるという所…!

本来なら、本番に向けて仲間と作っていくはずですが、「ここまで模試を重ねてきたから本番できなくてもそれが実力だからしょうがない。」くらいに開き直っているということもあるんです!!

これでは目の前のお客さんに、不信感を与えてしまいますね…!!

 

本番のためにどんどん×を貰って塗り替え、仲間と作っていけばいいということ!

脱、試験脳!!とみんなで一致団結しました☆彡