ようこそ類グループへ~100期生が入社☆~

2022.4.1

今日から4月がスタート。類グループでも入社式が行われました!

半年=1期として数えるので、50周年を迎える今年は、記念すべき「100期生」の新たな仲間を迎えることになりました☆

 

一般的な「入社式」と言えば、社長や部門長が話して、新入社員から答辞、そして事務連絡で終了…というイメージがありますが、類グループの入社式は一味違います!

一体、どんな中身だったのでしょう?

 

今日のブログでは、入社式・前編をご紹介!

社長からは「これから先の50年、君たちが闘い抜いて、それぞれの市場でトップランナーになっていただきたい」と、大きな期待の詰まった祝辞が贈られました。

新入社員へのメッセージの内容は・・・

 

  • · • • • ✤ • • • · ·· · • • • ✤ • • • · ·· · • • • ✤ • • • · ·

 

入社おめでとうございます。

皆さんが入社する2022年は創業から51年目になります。次の半世紀へとスタートを切るときに1年生となる皆さんには、特に期待を持って歓迎します。

まず初めに、類設計室は皆さんのような二十代の若者達が半世紀前に創業した共同体企業であることを伝えておきます。

自らの生きる場を自らの手で創りだす決意からスタートし、創業の志と理念をしっかり体現して成長してきた事実を伝えておきます。

 

「事実の共認」は社是ですが、色褪せることなく、全社員が創業以来の「事実の追求」に取り組み、社会に貢献して成長してきた企業は、日本全体を見てもそうざらにあるわけではありません。

いわば、清く、貧しく、逞しく創業された類グループは、信念を貫いて市場の荒波の中を闘い成長してきました。企業としての生存権は勿論のこと、それぞれの市場で業界トップに立ち得る経営基盤をこの50年で創り上げてきました。

これから先の半世紀は、君たちの時代。業界トップに立つ闘いを貫き、勝利を掴むのは皆さんの課題です。

これから配属先に入りますが、それぞれ配属先での専門的な知識や技術の習得はもとより、るいネットや実現塾で体験するグループ追求の場では、根幹となる能力が全く足りない、鍛え直しの大切さを痛感することとなります。

これまでのぬるすぎた生活に決別して、我々と共に根幹から鍛え直していく。これからの時代の有為な人材になってほしいと切に望んでいます。

 

体と頭の慣れない使い方に戸惑うことが多くなると思います。壁に当たるたびに仲間や先輩に心を開いて、体得するまで質問を重ねる習慣を身につけることが大切です。

これから先の50年、君たちが闘い抜いて、それぞれの市場でトップランナーになっていただきたい。

それだけの基盤をこの50年でつくってきたと確信しております。皆さんに心から期待しておりますので、頑張ってください。

 

  • · • • • ✤ • • • · ·· · • • • ✤ • • • · ·· · • • • ✤ • • • · ·

 

入社式が始まるまでは緊張した面持ちだった新入社員たちも、祝辞を受けて、「これから共同体の一員としてやっていくぞ!」とイキイキした表情になっていたのが印象的でした^^

 

次回のブログは入社式・後編!

先輩社員から伝授された「仕事の心得」と、その後のグループ追求の様子をご紹介します!

お楽しみに♪