類学舎生の企業インターン~Dreams(ポップコーンパパ)さまにて実施中!~

2022.3.25

 

3月8日からおよそ2ヶ月間、Dreams(ポップコーンパパ)さまにて類学舎生4名(中等部2名・高等部2名)の企業インターンを実施しています。

 

Dreamsさま(宮平社長)は昨年10月に類学舎見学会にご参加され、「学校や社会の仕組みの中で、みんなが無くした感覚をちゃんと持っている」と類学舎の可能性を感じていただき、Dreams本社見学会の実施を経て、今回の類学舎インターンが実現しました。

 

宮平社長からは、

「どの企業にいっても活きるようなインターンにする。子供たちが企業で働いて学び、大人になってその企業に就職できるようになっていけることを目指したい。上手くいかないことや失敗もあると思うけど、一緒になって創り上げていきたい!」

と大きな期待をいただいています。

 

仕事内容も単なる体験ではなく、実際に社員・スタッフさまが取り組んでいる現実課題に挑戦し、ポップコーンパパさまの店舗での販売(接客)や製造(袋詰め等)、SNS・広報企画などに本気で取り組んでいます。

 

 

 

■気付き・学びがたくさんあって、日誌に書ききれません!(類学舎生の日誌より)

 

 

インターンでの仕事はこれまで経験したいことのない全てが未知の課題ばかり!類学舎生は日々たくさんの壁にぶつかっています。

 

「今日は接客とストックを中心にやったが、マスクやビニールで思ったより、声が通らない。次は意識的に声を上げる。そして愉しい雰囲気を出す」

 

「スタッフさんに心が開けなくて、あまり声をかけられなくて本音を言えなかったので、もっとコミュニケーションもがんばりたいです」

 

「会社見学のときに「1つ1つ心を込めて詰めている」と言っていた意図が実際にやってみて分かりました。ただ詰める作業だけど1つずつ全然違っていて、詰める人の思いが出るなと感じました」

 

 

他にも連絡の仕方やお客様への意識の切替、仕事の基本といえるものなどなど。Dreamsさまはその度に一緒に考えてくださり、類学舎生を指導してくれています!

 

「マスク越しの笑顔は、難しいけど、体も使って、全身で表現してもええで。お店のスタッフがそこまでせんでも!って笑われるくらいパフォーマンスしてみよう!」

 

「緊張すると早口になったり表情が固くなったりするので、深呼吸してゆっくり話す事を意識してみて!」

 

 

全力で仕事に取り組んで仕事が終わるとクタクタになるけど、毎日がとにかく気付きや学びしかないインターンです!

 

 

■成長スピードがとにかく早い!

 

インターン開始から2週目には、どんどん変化していく類学舎生の姿がみえてきました!

 

「接客で店長さんがめっちゃ周りを見れてるなと思う所があったから、どんどん真似したいなと思った」

 

「前回思いっきり楽しめなかったので、少し緊張したけど、スタッフさんが明るく一つ一つの作業の意味を教えてくれて、仕事がとても楽しくなりました!!」

 

「先週は言われた作業をひたすらやっているだけ、作業もぶつ切りで繋がっていない感覚でしたが、今日の気づきで、掴むって全体の流れや、なんでこれをするのかが明確になることだと思いました」

 

上手くいかないこともいっぱいあるけど、そんな現実を素直に受け止めて、どんどん出来る人の真似をしていけるのが大きな変化!その成長スピードがとにかく早い!

 

また自分たちで仕事の全体像を掴んでいき、「もっとやっていきたい!」という意識も芽生え始めています!インターン後半では、このもっとやっていきたいことを自分たちでテーマ設定して、取り組んでいく予定です。

 

さらに類学舎生のみんなが、どれだけ成長してくれるのかが楽しみです♪