おもちゃが散らかっているのは…??

2018.2.10

こんにちは、共同保育室の高井です。今日はママさんたちがみんな「なるほど~!」 と気づきになった保育室での1コマを紹介します。
普段は5組の親子がいる保育室ですが、ある日、イブくんとゆうだいくん、2組の親子が出社していました。
そこにやってきた、N先輩。
「あれ・・・??今日はなんかいつもと違う・・・??」

イブくんママが部屋を見回して「なんか今日はいつもよりめっちゃおもちゃが散らばってますね~」とつぶやきました。
するとN先輩が

「もしかして、今日はお友達が少ないから、その分おもちゃが散らばっているんじゃないかな~!?」

と一言。
その場でも、後で話を聞いたママさんたちも、みんなで「そっかー!なるほどー!!」と納得してしまいました。
いつもは友達がたくさんいて、同じおもちゃで一緒に遊んだり、誰かが遊んでいる様子を見て楽しんだり、色んな楽しみ方ができる。逆に友達が少ないと、それを紛らわそうと物をたくさん出して遊ぶ。
大人でも、仲良しの友達とワイワイしていたら、時間があっという間に過ぎていく。
逆に一人でいたら、何をしててもなんだか退屈に感じてしまったり・・・。

仲間との「楽しいな♪」が何よりの共認充足☆

子供たちもそんなことを無意識に感じ取って行動しているんですね。