初動は実力~その瞬間から勝負の差が生まれている

2021.11.22

こんにちは。

本日は設計部で働く中で感じている、社会の最前線で闘う上で必要な力を紹介します。

私が所属する企画室は、競合他社との提案競争や、企業や自治体の新規プロジェクトの事業企画を担っています。

ライバルとなるトップクラスの事務所との闘い、一流の経営者や凄腕の企画マンなど、切れ味鋭い人や組織を見てきましたが、そこで感じることは、

 「初動は実力。初動の動きをみれば、この人や組織が今後どのような成果品をつくってくるかは分かる」ということです。

 

■初動で答えに到達するスピードを高める

トップクラスの人材は圧倒的に初動のスピードが速い。これが確かな事実です。

 

たとえば、国内最高レベルの提案競争の場面では、競合他社との闘いはスピード勝負です。コンペ・プロポーザルに参加した直後に、自分達が持ちうる情報網から確かな情報を集め、追求照準を定め、答えに向けて一気に詰められるか、そこで勝敗の大きな方向性が決まります。

最前線で活躍するコピーライターが言葉を生み出すのは一瞬です。普通の人であれば1週間かかっても書けないような文章を、ものの数分もしないうちに生み出します。

あるいは、仕事ができる人の特徴は、メールのレスポンスが早いです。メールしたらすぐに返信してくれる人は仕事ができると思います。

 

普通の人と成果を出す人の違いは、初動で答えに到達するスピードが違うのです。

あとでじっくり考えるではなく、その瞬間に7割、8割まで到達する。そのあとに何度も再考し、精度を高めていくのです。

 

そうはいっても、「仕事を多数抱えており、なかなか1つの課題に入りきれない」という声も聞こえてきそうです…。しかし、忙しいのはみんな一緒です。その中で、初動の差が生まれること自体が、実力の差なのです。

 

初動の裏側にある、日々の追求と組織的な蓄積

ここまで話をすると、個人の生まれ持った能力の差という風に思うかもしれません。確かに天性の差はあります。しかし、それよりも初動の違いを生み出すのは、

 

①普段からどれだけ考え抜いているか

②組織としてみんなで追求した蓄積があるか

です。

 

①ある課題に直面した時、ゼロから考えていては時間がかかります。日々、どれだけ深く広く追求しているか、ものごとの本質を追求しているかどうか。実は初動前の追求量が大事なのです!

 

②1人ではその追求量も限界がきます。社会では個人で闘うことはほぼありません。同類闘争は集団同士の闘いです。どれだけ、みんなと追求し、組織的な共有ができているかどうかが大事です。

 

私自身が社会の前線で闘っていけるのも、類グループで日々皆とトコトン追求できる環境にあることが大きいです。

学生の皆さんにも、ぜひ類グループの仕事環境で初動スピードを体感してほしいと思います。

一緒に追求しましょう!

 

―――

類設計室では、1DAYイベントや長期実務インターンシップを開催中です。

各種イベントへのお申込みは、LINE@で行っていますので、スマホから下記申し込みリンクをクリック、またはQRコードを読み取って友達追加をお願いします!

 

次回の1DAYは、12/4(土)、12/25(土)で両日とも14時~16時の予定です。追加後、登録フォームに登録すると、メニュー画面よりインターンシップ情報が取得できます。みなさんのお申込み、楽しみにしています!