答えありきで枠を超えられない(><)社員会議で成果不良→リベンジ会議!

2021.10.13

何か新しいものを生み出すとき「どんな中身だったらお客さんにもっと喜んでもらえるかな?」「どう打ち出したら魅力がより鮮明に伝わるだろう?」と、とってもワクワクするもの★

その反面、実際考え始めると、“これまでこうだったから…”と知らず知らずのうちに答え探しをしていたり、既存の案を組み合わせてどこかで見たことのあるものばかり…なんてこと、ありませんか?

 

先日、類グループの社内でもそんなできことが!!社員たちはどうやって乗り越えたのでしょうか?

類グループは全社員が経営者。経営方針や新商品の戦略立てを行う経営会議も、全社員で行います。

最近は、全体で集まる会議が週1回、週2回は追求会議(グループで追求)→成果を社内ネットに発信という形で追求を塗り重ねています。

 

そんな中、ある日の追求会議でのこと。

空気感はすごく良く、「自分たちの手でつくっていこう!」という気概もたっぷり!しかし、社内ネットに投稿された成果は・・・

・今までのものと変わらない。模範解答的なもの。枠を壊すとか、斬新さが欠けている><

・ほとんど全てのグループが同じような案。いろいろ追求した結果、その結論に至ったのではなく、“追求なしに”今まで通りでつくっている。

 

今まで通りの答えありきで枠を超えられない!という現実が立ちはだかりました。どうする!?

経営会議の指揮をとるKさんからは

「攻めの再統合・再構築という限りは、360度全方向の視座から可能性発掘を行い、もっとワクワクしたものにしたい!類グループが伝えたいことはもっともっとあるはず!まだまだ能力が眠っている!あのときもっとやればよかったとか思わないように、本当にやれることは全部やる」

とみんなを鼓舞する投稿が!

そして、この成果不良、追求不十分を受け、次週にリベンジ会議を行うことになりました。

 

会議までの間にも、若手からベテランまで、たくさんの社員からの発信が続きました☆

■入社1年目Kくん

今までにないものを生み出す、新たに言葉を紡いでいく作業がそんな簡単なわけがない!

だからこそ、個人ではなくグループで追求する必要があり、一部の人間だけではなく我々全員でやらなくてはいけない課題。というよりか、全員で本気で取り組んだ方が圧倒的に楽しい!

 

■ベテランコンサルTさん

せっかくイチからつくろうってのに、今までの寄せ集めになっちゃう。

でも、子供たちを見ていると、いつも「同じじゃ飽きるよな~」「もっとこうしたらよくない?」など、無難なことよりも充足追求にまっしぐら。

そうやって全部ひっくるめて「なんて、生きやすい!面白い!充足いっぱい!もっと行きたい!」という想いが湧き出てくるようにひっくり返せたら、それはすごい吸引力!そのために何を追求すべきかを追求する。

 

■入社2年目Mくん

学校のテスト勉強のように100点なんてないし、これといった正解も終わりもない。だから「“これくらいで”十分いけるだろう」といった邪心は振り払って欲しい。

「類グループみんなが可能性を潜在思念から感じられる成果物にすること」に尽きる!

そして、新たな可能性を形にしたい!みんなで答えを出したい!という想いで臨んだリベンジ会議。

会議での雰囲気が良かったことはもちろん、より追求に真剣みが増し、各人の参加度も上昇!各グループからの成果投稿を受けて、新戦略の大枠が完成しました♪

 

生物が進化してきたのと同じように、外圧が変われば、不十分さもあらわになります。だけど、その現実を受け止め、「どうする?」と可能性に向かえるかどうかが成否を分かつ!

 

物理的な「期限圧力」と「みんなで追求して作ってゆきたい」という想いとの狭間で、もがきながら、壁にぶつかりながら、新たな可能性を実現すべくまだまだ追求は続きます!