事実報道縮刷版 2020年 ついに完成!

2021.10.1

2020年…米大統領選や新型コロナウイルス騒動など世界が大きく揺れ動いた年でした。

そんな激動の1年をまとめた【週刊事実報道2020年縮刷版】がついに発刊!!!

先行予約では、昨年の3倍を超えるご予約を頂きました♪

 

ご購入いただいたお客様の中には、2020年版を友人や家族用等何冊も買われる方や、縮刷版を遡って初年版から2020年版を購入される方がたくさん!!!

購入頂いていた方々の理由を聞いてみると…。

 

〇幼稚園でも活かして欲しい!

子供の通う幼稚園が割と理解ある幼稚園で、過去にもバックナンバーの新聞を渡していますが、

冊子の方が読みやすいかと思って自分用と幼稚園用で2冊購入します♪

幼稚園にも事実を知ってもらい運営に活かして欲しいです。

 

〇どんな問題も繋がっているからどんどん追求したくなる!!!

6年前から発行しているんですね!

コロナだけじゃなくて、色んな問題が全部つながっている!と思って過去の縮刷版を全部買いました。

 

〇自分が書いた記事を振り返れる!

時々寄稿してますが、実際に記事が掲載された時は嬉しいです♪

縮刷版は一年間自分がどのように思考したのかわかるのでアルバムのようで嬉しい!

 

〇学校教育ってどうなの?

事実報道を読んで改めて、コロナ、マスク、ワクチンで学校教育がおかしいと鮮明に感じました。

もう学校には行かない方がいいのでないかと思ってしまう…。

先生達の対応や考え方も今まで流せていた部分が流せなくなってきたので自分で教育について勉強しなくては!と思い、一から学ぶため縮刷版を初年版から2020年まで購入させていただきました(^^♪

 

実は、コロナ騒動以来、縮刷版の購入が増えただけではなく、

事実報道の購読申込も前年の数倍に伸びているんです!

 

新型コロナウイルスの危機が2020年2月から大々的に報道されはじめ、大半の人々がマスク生活と外出自粛を強制され、経済活動も停止状態に追い込まれました。

 

しかし、周りに重症者がいない、マスクに予防効果がない、病院はガラガラ等、身の周りの実態と報道内容とのチグハグ感…。

少しネットで調べれば、有意の医療関係者の情報発信により、報道と真逆の情報にもたどり着く…。

数々の不整合に多くの人が気づき、事実を探索し始め、事実報道を応援してくれる人も増えています!

 

お客様の声でもあるように、コロナをきっかけに「教育どうする?」への追求を始める人たちもいます。

子供達の不登校や大学の中退が激増、そんな学校ではマスクの強制や沈黙の給食、友達と手を繋ぐことさえ禁止…。

普通にやっていたことが出来なくなる、ましてや年々増える禁止事項。

それを指示する行政や学校、反抗するのではなく受け入れる先生、親、子供…。

それは本当に子供のための禁止事項なのか、今一度、子供たちにとっての健康や思考が損なわれていないか考えてみて欲しいです!!

 

事実報道はコロナ以外にも、人類にとって最も重要な教育をはじめ、医療・健康、政治・経済など多岐に渡る事実や向かうべき可能性を発信しています。

ご家族や友人と今世界で何が起きているのか追求してみませんか?

是非、メディアの情報を鵜呑みにせず生き抜く力をつけるために、まずは縮刷版を1冊読んでみてください!!!

 

縮刷版のご購入はコチラから→【http://www.rui.jp/shop/shop.html?p4=0

定期購読も気になる方はコチラから→【http://news.j-houdou.com/kusa/index.php