培ったことを社会に還元する、それが新しいことに挑戦する者の使命

2021.5.10

自分たちで追求してきたノウハウを開きだす!

類設計室は今、ここに力を入れています。しかも、誰もがわかりやすく、実践できるように。
他社との競争に勝つために自社のノウハウを守る、真似できないような特殊技術を開発する…とは全く逆ですね。

 

具体的には、ブログ読者の皆さんはすでにご存知の「季刊誌」がまさに、その実践です。
ブログでの紹介に加えて、ホームページでも、すべて公開しています♪

 

季刊誌「本源追求」全ページ公開はこちら

では、なぜ、そんなことをしているのか?

 

社会を変革し、活力ある社会を実現するため

 

これは、一企業、一設計事務所で、追求・実践しているだけでは到底実現しえない志なんです。
私たちが追求したことに、共感し、真似てくれる、共に追求・実践してくれる同志を増やすしかない。
だから、自社で追求してきたノウハウを開きだす!!

 

こうした実践に、有識者の方々からも賛同いただけつつあるのが心強いです。

学校建築計画の第一人者である長澤悟先生からは自社ノウハウ蓄積を超えて、社会に認識を還元する姿勢こそ、新しいことに挑戦する者の使命と、

 

全国校長会会長の萩原聡先生からは「コンセプトは設計者だけでは実現できない。これからも未来を考える場を広げて、共に創っていくための試みに期待している」との言葉をいただいています。

 

コロナ禍以降、社会が大きく変化し、これまでの常識が疑われ、新しいスタンダードの追求が始まる今だからこそ、私たちの追求した認識・ノウハウを、より一層開きだしていきたいと思います。

 

ちなみに最近は…

  • 100年以上前から、形も大きさもほとんど変化していない。講義型教室に代わる「教室空間の新しいカタチ」
  • 単なるワークショップでは何も実現しない。ワークショップに代わる「共創スタジオ」

を追求しています。

当ブログでも最新の認識・ノウハウを公開していきますので、期待していてください♪